シュリンプ観察記録

ブロアーを導入しました!

                            

今日は朝から飲まず食わずで、ブロアーの配管から一気に30キューブ+60レギュラーの立ち上げをしました。
エアコンの無い部屋で汗を流しながら、なんとか完了!
今回はブロアー配管について報告します!水槽立ち上げの件は次回に!

続きを読む前に、↓↓のボタンをポチっとお願いします!コメントも気軽に残していってくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エアーポンプからブロアーへ

先日の記事でブロアーを導入する決意をしたことを書きましたが、今日注文していたブロアーが届きました!

いざ、開梱!

20160723_105940

「安永 AP-40」です!40ℓ/分と、今の僕の水槽の数からいくと流量はかなり余力が出てしまいそうですが、今後の水槽増設も見越して40ℓ/分にしました。

塩ビ管の加工

AP-40から排出されるエアーは塩ビ管を配管して各水槽に行き届くようにします。使用する塩ビ管はVP13です。ブロアーに合った塩ビ管のサイズを選ぶようにしましょう!

塩ビ管のカット&コック取り付け穴空け

近くのホームセンターでVP13の塩ビ管を購入。このホームセンターでは、そこで買った商品を自由に加工できる無料の工作室があります。あらゆる工具や設備が無料で使えるのでDIYでは重宝してます。

水槽棚にきれいに設置できるようあらかじめ必要な寸法をメモっておいて、その寸法通りカット。塩ビ管用のカッターもあるみたいですが、僕はのこぎりを使いました。
そして、電動ドライバードリルで約5mmの穴を空けます。穴の位置、間隔なども事前に決めておきます。
万力に固定してやると大きなミスなく穴を空けることができます。

▼カットと穴あけが完了した塩ビ管がこれ!
20160721_180252

直線上に穴を空けられればよかったのですが、不器用なゆえ少し穴位置がブレてます(;´Д`)
20160721_180309

塩ビ管にコック取り付け

ホームセンターで加工した塩ビ管に、自宅にてコックを取り付けました。コックは「6mmエアーチューブ用 一方向コック」です。
コックを塩ビ管に空けた穴にねじこむわけですが...、5mmの穴だと手ではなかなかネジ込むことができません。そこで、エビ友さんから教えてもらった、、、

▼コックを電ドラに装着!
20160723_114739

この方法で、数回転ネジ込みかませます。僕の電ドラが安物だからか、ビットじゃないからか、数回転ネジ込んだところで電ドラが空回りしていまします。
なので、残りは手でねじ込んでいきます。素手でやると指先がかなり痛くなるので、軍手をするなり布などをはさんで回すことをおすすめします。
今回僕は合計20個のコックを取り付けました。

▼こんな感じになります。
20160723_120749

仮組みと試運転

パーツが全て揃ったら、はやる気持ちを抑えて必ず仮組みをし、実際にブロアーからエアーを流します。
仮組みの前に塩ビ管の中の切りカス・削りカスを息で吹き飛ばしておきます。カスが残っているとコックの詰まりの原因になりますからね。

僕の設置イメージはこんな感じです。
僕は配管内をエアーがループするようにアルファベットの「b」型に設置します。

写真は水槽の前に仮組みしてますが、もちろん設置するのは水槽の裏側ですよー(笑)。

20160723_123957

この状態でブロアーを作動させます。コックを全て解放し、ティッシュなどを当てて均等にエアーが出てるか全てチェックします。
僕の場合、問題なく一発オッケーでした!("´∀`)bグッ!

何よりびっくりしたのはブロアーがとても静かということ!小型エアーポンプよりもはるかに静か!ブロアーの騒音が不安でしたが、感動するくらい静かで、これだけでもブロアーに変えて正解だったと思えた瞬間でした。

本組み

いよいよ本組みです!
塩ビ管の接続部分はシールテープをかませて、空気圧による抜けを防ぎます。最初僕は、塩ビ管用の接着剤でつける予定をしていたのですが、エビ友さん達から「バラすこと考えたらシールテープの方がいいよー」と教えていただいたのでシールテープに変更しました。

塩ビ管の水槽棚への固定ですが、僕はメタルラックを使っているのでS字フックに引っ掛けるだけにしました。

20160723_134707

全ての接続部にシールテープをかませ終わったら設置完了。
いよいよフィルターをつないで、きちんとエアーが供給されるか確かめます!

いざ、本番

ブロアーの電源を入れる前に、必ずコックは全て解放しておきます。コックが閉まっていると配管内の圧が上がり過ぎて配管崩壊!もしくは、ブロアーに大きな負荷がかかってしまいますからね!

さぁ、全てのフィルターを接続して、ブロアーの電源をオン!
どうでしょうか??

20160723_191831

いい感じです!
コックを全開にしているので、最初はエアーが強すぎてボッコボッコいってましたが、コックで調整して適切な流量にします。
使用しているフィルターは、後で追加した水槽も含めると、底面F×7、スポンジF×7です。

未使用のコックは現状解放しています。「スーーーーー」っとものすごい音がしていますが、エビ友さん曰くエアーストーンを先につけたチューブをつけとくと音が静かになるそうです。手元にエアストーンが一個しかないのでしばらくこのまま放置しておくことにしました。
空きコックを締めてしまってもいいのかもしれませんが、ブロアーに負荷がかからないか心配なので。。。

いやぁ、ブロアー最高ですね。水槽裏のエアーチューブもすっきりしました。何より静かだし、流量もパワフルだし。。。
ただ、最初は各フィルターの流量をコントロールするのがちょっと難しかったかも。どこかを締めればどこかが強くなるので、あっちこっちコックをいじりながら全体的に適切な流量になるように整えていきました。

以上!近江海老のなんちゃってDIY「ブロアー配管編」でした!

▼今日の一枚
20160723_111038

先週からの水槽増設記念に錦えびさんでクラウドシュリンプを4匹購入。
どんな個体を買ったかは、おいおいご報告します(たぶん)。もちろん、ハイグレードは買ってませんよー。ハイグレード表現は自分の手で生み出しますからぁ!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

スポンサーリンク

-シュリンプ観察記録