シュリンプ観察記録

水槽増設しましたが。

                            

いつもご訪問いただきありがとうございます(^^)

今年も最終週になりましたね。おそらく年内のブログの更新は明日が最後になるかもしれません。基本、休日・休暇はブログ更新が滞ります(笑)

 

では、まずいつもの暖かい応援のぽち↓↓をお願いしますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どなたでもお気軽にコメントくださいねー(๑•̀ㅁ•́๑)✧

さて、先週末には、当初計画していた通り30キューブ2本と60レギュラー1本の増設が完了しましたー(๑•̀ㅂ•́)و✧
蜜●海老さんあたりは「ほら結局できたんじゃん」と思ってるかもしれませんねー( ・ิω・ิ)

 

水槽立ち上げの前の諸々準備(ブロアー配管やヒーターシステムの組み上げなど)を前もって取り掛かっておいて正解でした(^^)

30キューブ

30キューブは、これまで通りの台湾スタイル(右)のものと底面オンリー(左)のもの。
右は水草一番サンドが1袋丸々あまっていたので、一度やってみたかったマスターソイルとの組み合わせで吸着オンリー水槽に。

で、左の底面オンリーはアマゾニアです。栄養系(特に粒の柔らかめのもの)と底面の相性は悪いとよく言われますが、どんな感じになるのかみてみたいと思います。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、ソイルは猫よけで底上げしてスラッジが下に落ちるようにしました。
これは今回の立ち上げにあたりある方にアドバイスをいただいた方法で、関東の某ブリーダーさんのやり方ですね。

 

台湾スタイルのアクリルケースの中は10月あたりから底上げしてますが、水槽全体を底上げするのは初めてです!

水草には向いてない仕様ですが、シュリンプ繁殖用としてはいいのでは!と思い採用させていただきました(^^)

 

60レギュラー

60レギュラーも底上げ方式でアマゾニアを使いました。
最初ここまで濁ってませんでしたが、少しソイルの凸凹が目立ったのでならしたら濁りが増してしまいました(;´Д`)

一抹の不安

と、まぁなんとか作業を完了したわけですが、ふと「なんで今までこの仕様でやってこなかったんだっけ?」と振り返ってみました。

 

あ。

 

アマゾニアを底面でやったらpHめっちゃ下がるんじゃなかったっけ?( ・ิω・ิ)

 

かつて水槽の仕様を色々検討した際に浮上した問題。すっかり忘れてました。

確認のため、立ち上げて丸1日たった30キューブのpHを測ってみると、

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

4.6。。。がっつり下がってますね。
これではバクテリアも活性してこないでしょう。

 

ゆくゆくは添加剤でGHは少し上げますが、それでもかなりの低pHになること間違い無し。

 

はぁ...カキ殻投入?
それとも、底面止めてスポンジオンリーに切り替えちゃう?

 

 

あーアクアってやっぱ楽しぃ( ・ิω・ิ)

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

スポンサーリンク

-シュリンプ観察記録