シュリンプ観察記録

何もかも浮かせる【後編】

2017/02/01

                            

いつもご訪問いただきありがとうございます(^^)

 

ブログランキングに参加しておりますので、何卒↓↓のバナーをぽちっと応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

さて、

 

昨日更新した「何もかも浮かせる【前編】」の続きです。

昨日の記事では、

 

ソイルの上に流木やモスなどの”モノ”を置かないようにすることで、ソイル上のゴミ(糞や残り餌)が特定の箇所にたまりにくくしたり、ソイル内の通水性を確保する、という効果を期待し、モスや水草を巻いた流木をキスゴムでガラス面につけたり、「猫よけ」をつかってシュリンプストーンなどをソイルから浮かせて設置する、ということについて書きました。

 

 

で、

 

 

それを踏まえ、底面フィルターのトラブルでリセットを予定していた水槽にて...

 

むむっ( ・ิω・ิ)

わかります?

では、問題の箇所をアップで。

ズドーンと、底面フィルターを仕込んでるアクリルケースも浮かせちゃいました。
天空の城ラピュタ。

かなり威圧感でましたけどw

 

 

通常時のセッティングでは下図のように、アクリルケースを水槽の底面に置き、その周りにソイルを敷いてます。

%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%81%ae%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

初期セッティングとしてこれはこれでいいんですが、底面部分だけプチリセットをする時にこのセッティングをキープできないんです。

 

というのは、

 

アクリルケースを設置したまま底面部分だけのソイルを入れ替えようとしても、飼育水を8割くらい抜いていくと、浮力でアクリルケースが浮いてしまうんです。

 

そうなると、その隙に周りのソイルがアクリルケースの下に入り込んでしまい元のように水槽の底面にぴたっと設置することが難しくなります。

 

かと言って、浮力で浮かないように固定しながらやるととても面倒ください作業になります。

 

前にもアップした写真ですが、一度この固定は試みました↓↓↓

wp-image-1744250419jpg.jpg

 

塩ビ管で押さえつける(-_-;)。

 

とにかく塩ビ管が邪魔!(笑) 普通にリセットするのと比べて気は遣うし、時間かかる上に結局いくらかはソイルが下に入り込んでしまうし...。
ソイルを敷いた上にアクリルケースを置く、というのはこれまでの話の流れで僕の頭にはないことはお分かりいただけるかと思います(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

 

で、

 

 

タイトルに関連する話、「浮かせる」についてですが、

%e5%ba%95%e4%b8%8a%e3%81%92%e5%be%8c

こんな風にしてみようと。

 

 

これを実現するために、コレを使いました。

 

 

100均で売ってるコの字型のアクリルディスプレイ台。

 

 

アクリルケース下の水の流れを確保するためには、箱型のものでは不都合なので、ある程度丈夫で水の流れを妨げにくい形状のものを探したところ、このコノ字型のアイテムが使えるかな、と。

DAISOで見つけました(๑•̀ㅁ•́๑)✧
底面フィルターとスポンジフィルターの取り付け位置、エルボを向ける位置を調整して、アクリルケース下にも水がゆっくりとまわりこむようにしました。

 

アクリルケースを浮かすことで2つのメリットが生まれると考えています。

あくまでも個人的な考えですけど。

 

1つ目は、アクリルケースを水槽外に簡単に取り出せるため、プチリセットやレイアウト変更などがしやすくなるというメンテナンス面。

今回のように底面フィルターの交換や底面部分のソイルの入れ替えだけでなく、逆に周りのソイルを丸ごと入れ替える作業も分離してできるので、あえてバクテリアが棲みついたアクリルケースの方(底面フィルター部)はそのまま使うことで立ち上げを早めることもできるんじゃないかと。

 

そして~、

 

2つ目は、延べ床面積を広く確保できるので、水槽サイズによる繁殖数上限リミットを拡大できる、かもしれないということです。

シュリンプが水槽内で繁殖する数にはある程度水槽サイズに応じて上限があり、上限を迎えてくると繁殖力が落ちたり個体のサイズが小さくなったりすることはよく言われますよね。

 

アクリルケースを浮かすことで、その下も延べ床面積にカウントできるようになる、つまり、水槽内で2階建て構造になるので、ひょっとしたらちょっとはその上限とやらが若干でも拡大できるのでは?という仮説です。

 

まぁ、そこまで増やせればいいですけど(^_^;)

繁殖数の上限を切り上げることよりも、個人的には成長サイズの鈍化を遅らすことができればいいな、と思ってます。

 

アクリルケースの下に入り込んだエビを掬うことはできなくなりますが、選別やプチリセット時にエビを掬う時にはアクリルケースを一旦引き揚げてしまえばいいのでそんな問題でもないかな、と考えています。

 

決して見栄えの良い水槽ではないですが、僕の期待通りにいくと思いますか?目論見は外れそうですか?

 

ご意見やアドバイスなどありましたらぜひお願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

スポンサーリンク

-シュリンプ観察記録