シュリンプ観察記録

ヒーター設置と水槽立ち上げ

                            

いつもご訪問いただきありがとうございます(^^)

↓↓のバナーをぽちっと押していただけるとブログ継続の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どなたでもお気軽にコメント残していってくださいねー(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

 

さて、

 

朝晩だいぶ寒くなってきたので、

ヒーターを設置しました。

 

水槽1つ1つにヒーターを設置するのならそんなに手間ではありませんがー、

 
僕の場合ヒーターで温めた水を塩ビ管とフレキパイプで循環させて複数の水槽を温める仕組みを取ってるため、夏場活躍した自作水槽クーラーシステムを改良する必要がありました。
で、
これを機にクーラーBOXは一回り大きいサイズのものに交換。

 

クーラーBOXの中身はこんな感じです。

 

 

もともとは左右両端にヒーターを設置し、2台仕込むつもりしてましたが1台に変更しました。
発泡系のクーラーBOXが溶けたりしないよう、100均の長皿にキスゴムでひっつけてます。

 

その他にもヒーターが不意に動いてしまわないようなちょっとした工夫を加えてます。

 
ここで温めた水を2個の水中ポンプ(写真真ん中)で水槽棚の上段と下段に送り出す仕組みです。

水中ポンプは上段、下段それぞれの水槽の水温を感知するサーモにつなげてあります。

 
当面は、クーラーBOX内のヒーターのサーモは27度、水槽のサーモは24度に設定して様子を見ることにしました。

 

ちなみにー、今朝の水温はこんな感じ。
▼室温は21.3度

▼上段1番左の30キューブ

▼上段1番右の30キューブ

 

冷やすのよりも温める方が水槽ごとにムラが出やすいのかもしれません。
一応、室温よりも高い水温になってるのでヒーターシステムは機能してそうです。

 

あとは、クーラーボックス内のサーモ、水槽のサーモをそれぞれ何度に設定するといいかは、少しずつ調整していかなければなりません(๑•̀ㅂ•́)و✧

 
そしてーそしてー、

もともと小型水槽☓2本と、20キューブを置いていた↓↓の棚に30キューブを2本立ち上げ。

日曜に一気に2本立ち上げるつもりをしていましたが、まさかのチャームが商品誤納。写真に写ってる水槽用断熱材「エコルノ」を2つ注文してたのですが、1つ全く違う商品が入ってました(;´Д`)
エアコン管理ではなく、冷水や温水を循環させて水温管理してる僕にとって、このエコルノは欠かせないアイテムです。

すぐにチャームに連絡したら翌日月曜には正しい商品と交換してもらえることに。

 

 

とりあえず1本立ち上げてー、

 

 

翌日もう1本立ち上げました。
小型水槽達は、写真右下の最下段に移動してます。

 

仕様はいつもの通り、マスターソイル&魔の土に底面&スポンジの台湾スタイルですがー、
今回は魔の土Lを敷いた上に、魔の土Sを敷きました。(写真のソイルが薄い部分)
アマゾニア+アマパウみたいな感じですねー。

 

餌のカスや糞などのゴミがソイル内に侵入しないよう、パウダー状のソイルで蓋をするイメージです。
吸着系なので1週間もあればクラウドを投入しても問題ないと思いますが、
マスターソイルにサンドした粉ものが分解してなくなるまでは我慢して回し続けます(^^)
▼今日の画像

クラウドシュリンプターコイズ♂。

青、白、黄の3色で構成されてます(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

スポンサーリンク

-シュリンプ観察記録
-